sweet-ichigo.com

テクニカル指標ってどんなもの??

FXで売買をするためには、テクニカル指標について知っておくと役に立つことがあります。
フェンダメンタル分析と合わせて使うことで、予測できる範囲が広がります。
テクニカル指標の代表的なものは大きく2つに分かれます。
トレンド系とオシレーター系です。

例えば、初心者にも使いやすいと人気があるのが順張りトレンド系のMACDです。
移動平均線に似ているのですが、現在に近い方に加重が掛かった計算方法で算出された数値をグラフにしているので、トレンドの発生を早めに察知しやすくなります。
積極的に売買をしていきたい場合は、オシレーター系の指標を使って逆張りで攻める手法を取ります。

代表的なものがストキャスティクスです。
他にも、ローソク足、ボリンジャーバンド、パラボリック、RCIなどがよく使われます。
テクニカル指標は統計をもとに様々な数値を算出して、グラフ化しているので一度に確かめられる情報が多く、FXで取引をする際に非常に有用ですが、為替は世界中の様々な複合要因で動くので、必ず正しいサインを出してくれるわけではありません。
痛い目を見ないためには、一つの指標でなく、トレンド系とオシレーター系の指標を併せて使うことも大切です。

慣れてくると、自分の売買傾向に合った指標が分かってきて、数値をいじりながら的確な売買サインのタイミングを掴んでいくこともできます。
FXでデイトレをする場合は特にテクニカル分析について知識を得て実践に役立てましょう。