sweet-ichigo.com

レバレッジの仕組み

FXとは、外国為替証拠金取引と言い、外貨を買い付け価格より売却価格が上回ることで利益が出る金融取引商品で、この投資ではレバレッジという投資方法があり、この方法を利用することで投資金額が少なくても、大きな資金を動かし外貨を取引することが出来ます。

このことは、利益も大きくなるため、慣れたトレーダーにはレバレッジを大きく掛けて倍率を高くしてリターンを得る人も多いです。
ただ、レバレッジを大きくすることは、ハイリスクハイリターンとなり、投資経験が豊富でファンダメンタルズ分析やテクニカル分析が行えるようでなければ、非常に危険な投資方法となります。

株取引に比べて簡単に考えられるFXは、近年、若いトレーダーが多く、主婦やキャリアウーマンにも増加しています。
主婦の場合、財布のひもを握る人が多く、金融機関で勧められて、FXを行うことが多く、キャリアウーマンの場合も、市場経済に関心が高く、投資運用に興味を持つ人が取り組む金融商品として、注目が非常に高いです。
ただ、金融相場は、経済動向に非常に敏感で、日本でも政権交代を果たすとアベノミクス効果として円安が進み、世界各国の政治リーダーが交代するだけで、世界通貨に影響があります。

そして材料にされやすいのは、債券市場での金利や中央銀行が決める政策金利、景気を占う経済指標となります。
FXを行うにはリスクや取引の仕組みを知ることがもっとも重要であると言えるでしょう。